高崎の注文住宅は介護向けに進化している

subpage01

いつかは両親の介護をする事になったり、自分も介護される側になるかもしれないと考えているのなら、介護向きの注文住宅を高崎で建ててみてください。



バリアフリー設計によって、車椅子などを使って屋内を移動しやすくなるだけでなく、階層も移動しやすいように住宅用エレベーターを設置してもらえます。

近年の住宅用エレベーターは静粛性にも優れており、家族が寝静まっている時間帯であったとしても、気軽にエレベーターを使える点が好評です。

介護向けに作られた高崎の注文住宅の場合は、車椅子に乗ったままエレベーターに乗る事ができる上に、後ろに家族もう1人が乗れるだけのスペースを確保してくれます。



一階から二階への移動がスムーズになるだけでなく、屋上まで車椅子に乗ったまま移動できる住宅もあったりと、介護向け住宅のデザインの進化が感じられると好評です。
介護向けを意識して住宅デザインを作ってもらうのであれば、高崎の注文住宅のように、玄関周りも広々としているデザインを選ばなければいけません。


もし玄関周りのスペースを狭くしてしまうと、車椅子に乗ったまま方向転換をする事が難しくなり、玄関から出入りするたびに余計な手間をかける事になります。



他にも浴室やトイレに車椅子のまま移動しやすく設計されていたりと、いくつもの工夫が取り入れられています。

車椅子を乗ったまま生活していても、何も不便を感じないような住宅デザインを作り上げてくれる、理想的なメーカーを探してみてください。